RAEN
カリフォルニアはエンシニータスのプロサーファー達が
「スポーティーなだけでない粋なアイウェアを・・・」という発想をカタチにした”RAEN optics”。
瞬く間にサーファー以外の高感度な人たちにも受け入れられ、カリフォルニアやニューヨークでの人気は絶大な物へと。アレックス・ノスト、カシア・ミダー等、今のカリフォルニアを象徴するサーファーは勿論のこと、ミュージシャンやアーティストなどカリフォルニアカルチャーの中心を行くアイコン達からも絶大な人気の注目のブランド。
CAPTAIN FIN CO
2007年、カリフォルニアのスタイルマスターとして知られるミッチ・アブシャーと、彼の仲間たちを中心にスタートしたキャプテンフィン。ロングボード用のフィンはもちろん、レトロシングルやハル、エッグまでラインナップは多彩で、そのデザインはアレックス・ノストやタイラー・ウォーレン、トーマス・キャンベルを始めとする、現代のサーフシーンをリードするライダーやアーティストとのコラボで作り出される。また、各モデルにはテンプレートだけでなく、一点一点オリジナルのアートワークが落とし込まれるこだわりよう。アーティスティックなグラフィックと機能性が融合したフィンは、競合が多いサーフブランドの中においても独自の存在感を確立している。
AIDENTIFY
いつの時代もスタイリッシュなサーファーを輩出するカリフォルニア。そんなアメリカ西海岸発のサブカルチャーの流れを取り入れ、日本が世界に誇る最高峰の技術と素材を用いて “ホンモノ”のウエットスーツを送り出すアイデンティファイ。時代や流行に流されることなく、モダンかつクラシカルなデザインをコンセプトに展開しているMADE IN JAPANブランド。
THE DYER BRAND
ダイヤー・ブランドは、メイソン・ダイヤーによってカリフォルニア・サンディエゴのポイントロマで設立。イーストコースト出身のメイソンが作り出すヴィンテージ感溢れるメイド・イン・アメリカのプロダクツは、古き良きアメリカそのもの。アメリカンクラシックにモーターサイクル、ホッドロッドカルチャーの影響を受けた、全く新たなオリジナリティを醸し出す。
Eno Surfboards
ビーチタウンから離れた大都会、Tokyoをべースにサーフボードビルダーとして活躍するenoshi。1999年にスタートしたEno Surfboardsでは、これまでジャンルの垣根を越え、バイクやホットロッドなどのテイストをサーフボードに盛り込んだグラフィックや、有名アーティストとのコラボボードなどを発表してきた。そのデザインは100%オールハンドで生み出され、シェイプからフィニッシュまでの全ての行程をenoshi自らが手がけるオールドスクールなスタイル。また、ロングボードやエッグ、ロケット・フィッシュなど、一貫したオリジナリティを追求するが、ひとつのカテゴリーに収まらないヴァラエティさも魅力の1つ。
rough and rugged
2005年、TシャツをメインにスタートしたRough and Rugged。2009年からはアパレルラインを本格始動。デザインはモーターサイクルカルチャーに傾倒し、サーフボードビルダーでもあるenoshiが担当。バイク、ホッドロッド、ミリタリーからサーフテイストをミックスしたプロダクツは、ジャンルの壁を超えたリアルクロージングとしてストリートで支持されている。